ヴィンテージ カンテラオパール 千本透かし K18 リング 昭和 #10.2 /98021




年季の入ったカンテラオパール(おそらくメキシコ産)がセットされた千本透かしリングです。

近年産出のものは、ヒビ入るんじゃないかと気が気でないかもしれませんが、昭和中ごろの産出ですからね。もう、安定していると思っていいでしょう。そんな安心感も昭和のオパールの魅力の一つですね。

オパール層は、表面のコンディションも悪くありませんし、結構透明感ありますので母岩の部分の観察も楽しめます。
水没した洞窟の内部のような不思議な景色を楽しめます。

枠は、鋸刃で透かした千本透かし。結構ピシーッとした感じで良いですよ。

時代は昭和40年代ですかねぇ?

割と時代感はありますが、石座が上に上に背伸びしている雰囲気もあり自己主張感も感じられますが、
地金をふんだんに使っているというわけでもありませんからね。

刻印は
[K18](陽刻) 、◇に「T」と「C」が重なったようなマーク(よく見ますが、どこのメーカかはわかりません)

仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。
経年による小キズの研磨と、地金の変色が戻ると思います。
型番 /98021
販売価格
35,000円
購入数