昭和のミキモト ドロップ型南洋真珠 ダイヤモンド ネックレス 51cm WGK14 #VJJ26051 #VJJ肥前屋



昭和のミキモトのネックレス

ドロップ型の真珠がセットされております

ダイヤモンドも綺麗です

ペンダント部分は手作りです

ペンダントの形は「V」の中心に「|」が重なっているピースマークを逆にしたような形ですが。
「V」の上下にダイヤモンド付きのパーツをロウ付けしているのではなく
「|」の左右に「\」「/」をロウ付けしています。
そして、上下にダイヤモンドを爪留めしたパーツをロウ付けしているように見えます

直感的には、強度を上げるためだろう
と思えるのですが、
一番弱い部分は「V」の下の部分として、
ひと手間増える上記の工程を行ったとして、どれほど強度が上がるのだろうか??

など考えていると、「V」と上下のダイヤモンドにわずかに隙間がありますが、そこにデザイン上のこだわりが詰まっているのか??
等・・・

理由はどうであれ、
何らかの意図がありあえてひと手間増える工程でモノづくりをしている痕跡があると
なんだか心がほっこりしますね。

真珠は 上の方にえくぼと、サークルと言われるようなぐるっと巻いた凹みがあります
タイトルに南洋真珠? と、?を入れましたが、今度改めて調べてみます。
南洋真珠だと思います。
こげ茶背景だと、やや明るめに写りすぎてる感じで
グレー背景は色が黒く写りすぎています

真珠のサイズ
直径は 約11.7mm
縦 約13.3

です。

ネックレスの長さは 約51
引き輪の両サイドにサイズ調整用の輪が付いていますので、3段階の長さ調整ができます。

時代は・・・
昭和40‐50年代前後・・・
かな?


刻印は
ペンダント 貝М(ミキモト刻印) 、 WG K14
ネックレス
プレート WGK14 、貝М(ミキモト刻印)
引き輪 K14

仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。

型番 #VJJ26051
販売価格
123,000円
購入数