ビンテージ ミキモト べっ甲 K15 真珠 帯留 /1905042

ビンテージ…

アンティークと言っていいのかもしれませんが・・・

ミキモトの帯留





べっ甲に、K15、真珠

このデザインが何を表しているのかわかりません💦

↑この写真で言うと10時と11時の中間方向(左上)の側面に欠けがあります。残念。

まぁ、しかしこういう古いものが残っていてくれているのはやはり嬉しいですね。



刻印は、貝M(ミキモト刻印) K15(陽刻) △

三角の刻印が何を示しているのかわかりません。





刻印の雰囲気、鼈甲と枠の固定用の部分

全面の金の部分から飛び出た金線を叩いて釘状にして固定しているのだと思います。



デザイン、刻印、素材、工程、現代では当然のように見られなくなったものが詰まっているのが、ビンテージや、アンティークの良さだなぁと思ったりします。





一通り洗浄しての納品を考えていますが、金のパーツの部分周辺の汚れがどの程度落ちるのかという部分が気になるところだったりします。





べっ甲の欠けの部分。

目立ちはしませんが欠けは欠け。残念ではありますが。

古い帯留が残っているという事の方をポジティブに考えた方がいいですね。






磨きはせずに洗浄のみにしようかなと思っております。


型番 /1905042
販売価格
47,000円
購入数