角サファイア ダイヤモンド 三文字 P.M900 ハンドメイド リング 昭和 #11? /1903061

色の深みがある系のサファイア
チラチラと輝く、下の面からの明るめの青の反射光にズキューンと心が打抜かれます。

気に入ってずっと使っていたんでしょうね、かなりの使用感があります。
小キズ、スレ、凹み等々・・・
石のコンディションも、ちょい欠けがちらほらあります。
ダイヤモンドは綺麗です。
枠もしっかり地金を使用したタイプで、唐草は繊細というよりは割としっかりとした線。
作りは、しっかり系というか、質実剛健というとちょっと行きすぎですが、要所要所キチッキチッ作り上げている感じなので、
そういう作りだからこそ、長年の使用にも形を保ててるのかなと思ったりもします。
裏側からの眺めもキチンとしていて見ていて気持ちが良いですね。
めちゃくちゃ作りがいいという意味ではなく、一般的な中古ジュエリーの裏側はあまり見てられないものが多い的な・・・
平成のジュエリーのようにどこか控えめで繊細な感じではなく、
どうだー!という自己主張がないにしても、どこから見ても自信みなぎる的な・・・

鋳造の唐草にはあまり興味は沸きませんが、ハンドメイドの唐草はやっぱ良いですよ。
数々のマイナスポイントを跳ね返す、本質的な魅力・・・
万人向けではないかもしれませんが、この良さを分かってくださる方はきっといらっしゃるかな…

サイズはリングが微妙に曲がっていてうまく測れていませんが11号位だと思います。(心配するほど曲がってないんですけどね)
仕上げの際にキチンとならないか相談してみます。

刻印は
[P.M][900](陽刻) 1.50 0.33

仕上げ他メンテナンスの後納品いたします。

最近、経年の小キズをマイナスポイントとは見なさず、「磨きは無しで」と、おっしゃる方が増えてきましたので、
試しに、仕上げの工程を分解してみました。 
A:洗浄のみ
B:洗浄+経年による変色を戻す(戻せる範囲内で)
C:洗浄+経年による変色を戻す(戻せる範囲内で)+磨き
を選べます。(料金に変化はありません)







型番 /1903061
購入数
soldout